CHECK

工務店に依頼するメリットや注意点とは?理想的な住宅づくりを行うための基礎知識を解説

"

このサイトでは、住宅づくりを工務店に依頼するメリットや注意点などいったポイントを解説します。
理想的な住宅をつくりたいと思っている方が押さえておきたい基礎知識が満載です。
また、このサイトでは、各店ごとの実力差についても詳しく解説していきます。
さらにこのサイトでは、自社で設計や施工している店舗を選ぶメリットをご紹介します。
自社設計には、どのような利点があるのか詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください。

"

工務店に依頼するメリットや注意点とは?理想的な住宅づくりを行うための基礎知識を解説

住宅づくりを工務店に依頼するメリットは、注意点は大手のハウスメーカーと違って評判が分かりにくいことです。
理想的な住宅づくりを行うためにも、住宅用語などの基礎知識を身に着けておくことをおすすめします。
工務店よって家づくりの実力が異なります。
依頼前に実力を把握しておきたいのであれば、まずは過去の施工実績をチェックしてみてください。
自社で設計や施工している工務店を選ぶと、工期が早くなるといったメリットがあります。

工務店ではどの段階から費用が発生する?

工務店に住宅の建築を依頼する場合には、併せて考えておきたいことがあります。
1つは工務店選びのことですが、これに関してはどのような方向性の住宅を建築するかで変わってきます。
方向性によっては、素晴らしい住宅になる可能性もありますので実際に建築するまではなかなかわからないかもしれませんが、ある程度イメージを膨らませておくことが重要になるわけです。
それに加えて、どの段階で費用が発生するかと言うことも頭に入れておかなければいけません。
費用が発生すると言う事は、建築をする前に発生するのかそれとも建築をスタートしてから発生するのか気になるところですが、通常は何回かに分けて発生するものとされています。
例えば、最初は契約の段階で半分ぐらい発生し、その後途中で半分ぐらい発生する形になるわけです。
いずれも住宅ローン組んでいる場合はそれほど関係ありませんが、2階に分かれることあるいは場合によっては3回に分かれることを理解しておくと良いかもしれません。

工務店とハウスメーカーの明確な違い

工務店とハウスメーカーには、大小さまざまな違いがありますが最も異なるのは家づくりの方法です。
ハウスメーカーの家づくりは、設計段階から完成まで完全にシステム化しています。
最初から建てられる家のスタイルは決まっていて、変更できるのはほんの一部だけです。
施工も資材を工場で組み立てある程度の形にしてから現場に持って行くので、効率性を追求しています。
一方の工務店は、家づくりの方法をシステム化していません。
設計は施主と一緒に考え、既存の状態からの変更できる箇所もたくさんあります。
資材も仕入れたら建築現場に運び込み、その場で職人が加工してから組み合わせていくのが一般的なスタイルです。
あえてシステム化をしないことで施主の要望に応えた家づくりが可能となり、それがオリジナリティを出せる要因になっています。
工務店とハウスメーカーの明確な違いは、家づくりの方法です。
早く安く作りたいならハウスメーカー、個性的な家が欲しいなら工務店といえるでしょう。

工務店の業務にまつわる豆知識とは?

工務店の豆知識として、小規模経営を行っている建設業者であると誤解を受けている側面が存在します。
しかし、現実的には様々な業務に携わっていますので実は建設業を行うことができないところも存在します。
代表的なものでは、リフォームを中心とした業務を行っている工務店です。
簡易的な修繕作業に従事することによって、誰であっても手軽に利用できるように準備を整えています。
また、工務店の中には建設業に特化したサービスを提供しているところも少なくありません。
この中でも特に評価が高いものでは、注文住宅があります。
それぞれの顧客に対して個別に物件の設計を提案することによって、他には実現できない魅力的な物件を建設していきます。
工務店は、職人が在籍していて顧客と話し合いを行うことでこういった理想の物件を建設していくことができます。
細かな部分をサポートしてくれますし、時間をかけてゆっくりと話し合いができるという観点から大手のハウスメーカーにも負けないほどの業務を提供しています。

工務店の工法におけるミニ知識とは?

工務店は、それぞれ得意としている工法が違います。
建設作業を行う場合には、より完全にクライアントが生活をしていくことができるように様々な形でサービスを提供します。
この中でも最も重要になるのが、どういった素材で住宅や物件を設計していくかという点です。
例えば、日本では木造建築が非常に多いので火災などにも強い物件を建設していくことがとても難しい現状が存在します。
しかし、工務店の中には木造建築でありながら工法を工夫することによって火災にも非常に強い物件を実際に実現しているところも少なくありません。
防火区画を木造建築の中に容易しておいて、燃え広がるのに必要な酸素の供給量を少なくするなど、客観的な観点からも非常に効果は高いです。
また、工務店の中にはこだわりをもって海外から素材を輸入しているところもあります。
海外の物件を実現するために、現地の物件を研究しながら実際に日本国内で実現できる店舗も存在しますので、文字通り色々な準備が整えられているのが魅力です。

施工力に優れた工務店を見極める方法

注文住宅で重要な工務店の施工力を見極めるためには、過去の建築事例を確認しましょう。
工務店のホームページでは、過去に携わった建築物の事例を写真や動画で紹介しています。
写真や動画をチェックして気に入れば、同じような家を建てられるので注文住宅での失敗を防ぐことが可能です。たくさんの建築事例を確認して、ここの会社にお任せしたいと思える工務店なら安心して家づくりを任せられます。施工力を確かめるためには、直近の施工件数も重要なポイントです。施工件数は多ければ多いほど良いと考えがちですが、最近の実績が乏しいと信頼できません。現代の住宅建築に必要な知識や技術を持ち合わせていないため、新築なのに時代から取り残された住まいになる可能性があります。10年以上前の実績が豊富でも特に意味はないので、直近1年や3年程度の施工件数を重視して実績の比較はしてください。最近の施工件数を重視すれば、誕生したばかりの工務店にも依頼しやすくなります。

事業展開に特徴がある工務店がおすすめ

工務店には、さまざまな特徴があります。
一般的に名前の知られた工務店の多くは、フランチャイズ型です。フランチャイズ型は全国展開していて、規模も大きくスケールメリットを生かした事業をしています。
技術指導や最新知識の講習なども行われているので、レベルが一定な点は施主には大きなメリットです。中小規模の工務店は、特定の地域に根差して事業展開をしています。規模が小さいためスケールメリットは生かせませんが、小回りが利きやすいのが特徴です。施主の細かい要望にも柔軟に応じてくれたり、完成後のフォロー体制も迅速で万全です。また中小規模の工務店は、特徴的な家づくりができるのも魅力です。無垢材や天然石などを使った自然素材の住宅、デザイン性の高い住宅など大手ではできない家づくりができます。特徴的な住まいを建てたい人には、ベストな施工会社になるでしょう。知名度ではなく建てたい家の特徴に合わせて、施工会社は選ばなければいけません。

スタッフの育成に努めている工務店の信頼度

注文住宅を建築する担い手の多くは工務店ですが、職人の技術力と経営面の体力がある会社を選ばなければなりません。
ハウスメーカーの住宅は工場で製造されたパーツを組み立てるのが基本ですから、スタッフの技術力がそこまで高くなくても短時間で安定した品質の家が仕上がります。しかし、工務店の場合は木材などをしっかりと加工し、本格的な工事が必要になりますから時間がかかりますし、職人の技術次第でバラツキが生じてしまいます。ですから、職人の育成に努めている工務店を選択しなければなりません。育成に努めている会社は家づくりにも本気で取り組んでいます。万一不誠実な工事を行っているスタッフがいれば、先輩の職人が部下や後輩を叱ることもあるでしょう。また、優秀な職人が在籍しているからこそ後輩スタッフの育成が行えるとも言えます。同時に、スタッフの育成が行えるということは経営面でもゆとりがあると判断できます。つまり、技術力と経営上のゆとりがあり、信頼度も高いと捉えることが可能です。

工務店にはアフターサービスや定期点検が設けられている?

大手注文住宅のハウスメーカーを積極的に選びたいと考えている方の意見に多く聞かれるのが、充実したアフターサービスや定期点検が付帯されているからという内容です。
一般的に、どのような住宅であっても建築してから年数が経過すると性能の低下や構造体の劣化は進んでいくものであるため、それらを起因とする不具合を可能な限りカバーしていくための定期点検は極めて重要なメンテナンスと言えます。その部分において大手ハウスメーカーは充実したプランを提案している傾向にありますが、優良な地元工務店であっても大手ハウスメーカーと遜色のないアフターサービスを提供しているケースは多いものです。建築後の無料定期点検の範囲や、無償修理の適用範囲なども、工務店であっても同等の内容が設定されている場合も見られますので、ハウスメーカーと比較検討してみるのも良いでしょう。信頼性の高い地元工務店であれば、何らかのトラブルの発生時にもすぐに対処してくれる可能性が高いなど、むしろより充実したサービスを受けられる期待もあるものです。

自然素材を積極的に使用できる工務店

工務店を利用して注文住宅を建てる際には、シックハウス症候群やアレルギー反応が出てしまう可能性はあるので、家族の健康を守るには可能な限り自然素材を使う工務店に依頼をすることがベストな選択肢です。
大手ハウスメーカーでは採用していないような資材でも取り扱っている可能性も高く、天然資材を使うことを掲げている工務店もあるのでインターネットから調べる方法で依頼先を決めることができます。多くの事例で屋内側を対象にしますが、床材は接着剤を使わない無垢材のフローリングを採用すること、ビニールクロスではなく天然素材のパネル式の壁材や漆喰を採用する方法も効果的です。無垢材を多用する方法は健康被害を受けないメリットがありますが、木材そのままでは汚れが直ぐに染み込んでしまう問題があるので、表面には自然素材のステイン剤で塗装をする方法で長持ちさせることができます。外観にもこだわりたい方には、サイディングの中には天然素材のタイルや石材などを使った資材もあるので、油性塗料を使って後に塗り替えを必要としない方法も工務店の中には対応する会社があります。

工務店とハウスメーカーで迷ったときに意識したいポイント

家を建てる人は工務店とハウスメーカーで迷うことが多いです。
工務店とハウスメーカー迷ったときに意識したいポイントは大きく分けて二つあります。
まずは理想の家と業者の得意分野が一致しているかどうかを確認します。
木材をメインにした自然素材の家が理想なら木材の扱いに上手い業者が良いですし、最先端の技術を詰め込んだ住宅が良い場合は時代のトップランナーと言える業者に依頼するのがおすすめです。
工務店の場合は専門的な技術を持っている一方で、得意分野が限定される傾向が強いです。
ハウスメーカーはまんべんなく対応できるのが強みですが、ひとつの分野に特化した専門性は若干物足りない傾向があります。
次に意識するポイントは担当者との相性です。
「連絡が遅い」「意見が合わない」など、気になる点がある場合はすぐに業者を変更するべきです。
工務店は地域密着で親しみやすいメリットがあり、ハウスメーカーには手厚い保証や安心感などがあります。

工務店では土地が狭い場合でも対応してもらえる?

ハウスメーカーの住宅は、規格化されています。
そのため狭小地にハウスメーカーの住宅を建てたくても、対応できないケースは少なくありません。
しかし臨機応変に対応できる工務店なら、土地が狭くても理想の住まいを建てられる可能性が高いです。
特に狭小地や変形地など特徴的な土地に住宅を建てるのが得意な工務店なら、誰もが暮らしてみたいと思える家が完成します。
狭い土地に注文住宅を建てるためには、独自のノウハウが必要です。
スペースが限られるため各部屋の配置を工夫しつつ、収納スペースも確保しなければいけません。
さらに室内の日当たりや風通しが良くなるような工夫も必要で、これらを実現するためのノウハウは規格化された住宅を作り続けてきたハウスメーカーにはありません。
工務店には、大手のハウスメーカーにはないノウハウが多数蓄積されています。
土地が狭いなど家づくりに特殊な条件が付くときほど頼りになるので、困ったら工務店に相談してください。

工務店の組織力はどう見極めればいい?

工務店選びで重要になるのが、組織力です。
組織力の弱い工務店は、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。
具体的に経営基盤が弱いため倒産してしまったり、営業担当者と設計士、現場で働く職人の団結力が弱いと意思の疎通が図られていません。
経営基盤が弱く施工途中に倒産してしまったら、工事がストップしスケジュールに遅れが出ます。
関係者のコミュニケーションが不足していると、営業担当者に伝えた内容が設計士に伝わっていなかったり、設計士のプラン通りに職人たちが仕事をしないなどのトラブルが発生します。
こうしたトラブルを避けるために、工務店を選ぶときにはしっかりとチェックしておきましょう。
直近の年間施工件数を調べて企業としての安定度を確かめたり、話し合いを重ねて関係者のコミュニケーションがしっかりととれているのか、チェックしておくとトラブルは避けられます。
工務店によってトラブルの有無は変わってくるので、慎重に見極めてください。

工務店のアフターメンテナンスと保証

自宅を建て替えるときには、坪当たりの単価に加えてアフターサービスも重視して発注先を選ぶのが望ましいです。
特に気軽に相談できるので、地域密着型の工務店を選ぶメリットが大きいです。
また住宅建築で工務店を選ぶときには、技術力の高さに加えて独自の長期保証にもこだわるのがポイントです。
修理などの保証体制がしっかりとした工務店を活用すると、老後まで快適に生活できる家に建て替えることができます。
ところが重厚な建物であっても、定期的なメンテナンスを怠ると老朽化が一気に進みます。
したがって建物の快適性と資産価値を維持するためには、施主自身も維持管理に積極的にかかわる必要があります。
定期点検などのアフターメンテナンスが充実した工務店の活用で、完成した住まいも長期にわたって良好な状態を維持できるようになります。
見積もりを依頼するときにアフターサービスの内容も確認するのが、より良い施工会社を選んで理想の住まいを手に入れるコツです。

工務店に依頼する前に準備しておきたいこと

工務店に依頼をする前には、様々な条件などを自分なりにあらかじめ決めておくことが重要です。
いろいろなアイディアを相談する事は良いものですが、具体的な実現性や全体のまとまりなどが効果的に行うことができない場合も多いので、この部分を工務店に任せてしまうとトラブルが発生する要因となる場合も少なくありません。
ハウスメーカー等の場合には明確なコンセプトがあり、これに従っていろいろな提案などをしているので、初めから全体の完成イメージが出来上がっていることが多いものです。
しかし工務店の場合には顧客の要望に合わせて様々な設計や施工を行うため、実際には住宅の快適性が充分ではないと言うことも少なくありません。
さらに予算面でも当初の予定から大きくかけ離れてしまうと言うことも多いので、あらかじめそのイメージを事前に準備した上で、相談することが大切になります。
全体の大枠を決めておくと、万が一大きく脱線しそうな場合でもこれを修正することができます。

に関する情報サイト
住宅づくりを工務店にお願いしよう

このサイトでは、住宅づくりを工務店に依頼するメリットや注意点などいったポイントを解説します。理想的な住宅をつくりたいと思っている方が押さえておきたい基礎知識が満載です。 また、このサイトでは、各店ごとの実力差についても詳しく解説していきます。 さらにこのサイトでは、自社で設計や施工している店舗を選ぶメリットをご紹介します。自社設計には、どのような利点があるのか詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください。

Search